バイク免許の取得条件と運転できる範囲

まず、1番手頃に取得できる、通称原チャリこと、第一種原動機付き自転車から解説させていただきます。何故自転車?と思われている方も多いと思いますので豆知識として何故自転車という文字が使われている所から解説させていただきます。これは、50年以上も昔の原動機付き自転車は、自転車にエンジンをつけただけのものであったからです。

 

この免許の取得可能な年齢は16歳からで、乗車定員は1名、総排気量50ccのオートバイまで運転できます。手頃に取得可能な一方で、様々な法的制約があり、法定速度は30km、二段階右折(一部を除く)など制約が多いですが、利便性も多く他のオートバイでは走行できないバス専用通行帯を走行可能であったり、維持費の安さが魅力であります。次に小型自動二輪、
別名第二種原動機付き自転車といい、総排気量51〜125ccのオートバイです。法定速度は車と同じ、二段階右折の禁止、タンデムの可能(免許取得から1年以上)安い維持費等で近年盛り上がりを見せているクラスです。次に普通自動二輪車です。

 

これは、125〜400ccまでのバイクを運転できますが250ccをこえると車検があり、維持費がかかってしまいます、このクラスから高速道路と自動車国道を通行できます。次は、大型自動二輪車です。これは400cc以上のオートバイです。但し大型自動二輪AT限定では650ccまでしか運転できません、これはこの制度ができた時に1番排気量の大きいAT二輪車がスズキ様が販売しているスカイウェイブ650だったからだそうです。尚クラッチを必要とせずギヤチェンジのみのオートバイはどのAT限定免許でも運転できます。

 

 

Comments are closed.