小型特殊自動車免許

自動車免許の区分の中には小型特殊自動車免許というものが存在しています。乗ることのできる該当車両に関しては、横幅や長さ、高さなどの制限が用意されているものですが、スピードに関しては時速15キロメートル以下で走行できるものと定められていることによって、国内では非常に限定された範囲で活躍する乗り物になります。代表的な自動車として該当するものでは、農作業などで活躍をするトラクターなどがメインとされていて、私有地の場合では特に問題無く走行させることができるものですが、免許を取得することによって公道でも走行させることが可能になります。

 

実際には普通自動車免許など、原動機付き2輪車以外の一般的な自動車免許を取得されている方の場合では、自動的に運転することができるものとして取り扱われているものですが、一定期間を訓練することによって高い運転技術をマスターすることもでき、安全運転に役立つことになります。また、農業などを行っている家族の方が、トラクターなどを移動させることが必要な場面でも、同じ免許を持っていることによって、便利に機能することになります。趣味的な範囲として取得される方も存在していますが、実用性を持っている免許としても利用されています。

 

 

Comments are closed.