大型自動車免許

大型自動車は、車両総重量11トン以上、最大積載量6.5トン以上、乗車定員30人以上のいずれかの条件を満たす四輪自動車のことを指します。この大型の車両に区分される条件では車両の長さ、幅、高さはともに考慮されておらず、前述の条件を満たしていれば車両のサイズがどうなっていても大型の車両として扱われます。

大型の四輪自動車を運転するためには、大型免許もしくは大型二種免許が必要です。免許を取得するには、中型自動車や普通自動車の場合と同様に運転免許試験場で試験を受けて合格しなければなりません。大型免許を受験するには満21歳以上で、普通自動車免許もしくは大型特殊免許の運転経験が3年以上あることが必要です。大型免許の取得試験では学科試験は受ける必要はなく、技能試験に合格すれば免許を取得することができます。これは、学科試験は受験しようとしている第一種免許とは異なる種類の第一種免許を保有していれば受験が免除される仕組みになっているからです。また、普通自動車などと同様に、指定自動車教習所で大型車両に関する知識や運転技術を学んで卒業すれば運転免許試験場での技能試験が免除され、適性検査をパスするだけで大型免許を取得できるようになります。

大型免許を取得すると、大型車だけでなく中型自動車、普通自動車、原付自転車、小型特殊自動車も運転できるようになります。ただし、大型特殊自動車は大型特殊免許保有者のみが運転できるため、大型免許だけでは運転することはできません。

Comments are closed.